忍者ブログ

二胡との日常

Home > ブログ > 二胡 > 続けてくれれば

続けてくれれば

先日、出張レッスンに行ってきました。
その前に花屋さんへ寄って、注文していた花束を受け取りました。

二か月ぶりのレッスンでした。
その生徒さんは、先月いっぱいを入院してすごされていたからです。
無事退院されてすぐに連絡をくれました。
少し痩せられた気もしたけれど、その声はとてもお元気そうで、持ってきた花束をお渡しするととても喜んでくれました。

私は二胡を始めてもう十年以上経ちますが、これまで仕事、転職、転居、結婚と環境が変わっていきました。
一時期、仕事が忙しくて二胡から遠ざかるしかなかったこともあります。

私のまわりでも結婚や出産、または親御さんの介護、ご自身の病気などで状況がどんどん変わっていく人がたくさんいらっしゃいます。
生きているからずっと同じではいられないし、これからもどんなことが起こるかわかりません。
そうして二胡を辞められた生徒さんもいらっしゃいました。

だからこそこうして、復帰して早々に私に連絡をくださって二胡に戻ってくださったことがうれしい。

「先生、私ね、もうこれがないと死んじゃうの!」
そう言って二胡を弾かれていました。

その人その人に事情があるので、ゆっくりでいいし、途中で休んでもいい。
先生が私でなくてもいい。
事情があって今は楽器ができない生徒さんも、またふとできるようになったら、楽器を手に取ってもらえたらいいなあ。
この楽器のおかげで私はたくさんのものをいただいたので、他の方にもそれを返していけたらいいなあと思います。
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword