忍者ブログ

二胡との日常

Home > ブログ > 二胡 > 合宿日記その7 四日目の午後 呉老師登場!

合宿日記その7 四日目の午後 呉老師登場!

合宿の四日目、午後です。
もうこのあたりになってくると、すっかりこちらで出される食事にげんなりしてきていました。
なんだろう、あまり箸が進まないナア・・・
おなかの調子が微妙にずっとよくないナア・・・油が合わないのか・・
エビの髭めっちゃ長い!なんか怖い!

↑コレ

終始おそるおそる食べてたような・・自分が食に関して結構臆病者だということがわかりました。

なんて感じで、後半は売店で買ったグリコなどの駄菓子で飢えをしのぐ始末。

売店に売ってたグリコ(格力高 ge1 li4 gao1)のpejoyという菓子。
(ロッテのトッポにそっくり。普通にうまい。日本の味がする。情けないけど、ほっとする。)
後ろは同じく売店で買ったノート。紙質はあんまりよろしくない。表紙の言葉は他にも数種類ある。お土産にしようかと何冊か買ってみたけど、あまりもらってもらえない。

寮からまた長い道のりを行き、グループレッスンへ向かいます。
上海音楽学院から来られた先生の最後の一人、呉旭東老師のレッスンです。
 
これの


この白黒の写真の方です。

ずっと前に見たDVDのお姿より、ほんの少しぽっちゃりされた・・?
見た目はスポーツなんかをしてそうな明るいお兄さんという感じ。少し高老師に雰囲気が似てるなあ。
正直言うと、一番親しみやすかったというか、気さくな感じの方でなごやかな雰囲気のレッスンでした。内心どう思われてるのかはさておき終始拙かった私にも優しくレッスンしてくださいました。

ここでも「楽器を体に近づけすぎちゃいけないよ」と指導あり。もちろん「放松」も。
私は引き続き牧羊女を見ていただいたのですが、快弓などの具体的な技術面についてと、あとは「緊張」についてアドバイスをいただきました。
いわく、練習から舞台のつもりで。そして舞台では練習のように。
それには舞台での経験を積むこと。
そして自分にプレッシャーを与え続けること。普段からプレッシャーに慣れること。

私の知り合いのギター弾きの人も、むかーしむかし、同じことを言っていたなあと思い出しました。
「練習する時に目の前にお客さんを想像するから、緊張するよ。そのお客さんに向かって弾くねん」

ちなみに呉老師の楽器は、高老師の韶琴でした。
めっちゃ大きくて朗々とした張りのある音だったなあ。

さあ、この翌日は恐怖のミニ演奏会ですよ・・
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword