忍者ブログ

二胡との日常

Home > ブログ > 行ってきました > 3月11日にしていたこと

3月11日にしていたこと

今日付が変わったので一昨日になりました、11日のことを書きます。

夜から近鉄四日市駅の近くにある諏訪公園へ行きました。


3月11日に起こった震災の、追悼会に参加しようと思ったからです。

公園はすでにキャンドルが灯されていて、人も集まっていました。
諏訪公園近くにある、日本料理まっさんの料理長、増原さんが鼻笛で出演されるとのことでグループの皆さんの演奏を聴きました。
暗闇の中から響く音楽は、よけいな目からの情報が少なくて心静かに聴くことができました。

阪神淡路大震災があった時、私は兵庫に住んでいました。
大阪よりの地域だったので、神戸ほどではないですがそれでも被害を受けました。寝ていた私の目前まで箪笥が倒れてきていました。(狭い家だったので、他の家具につっかえてギリギリ箪笥との間に隙間ができて無事にすみました)
ボロ屋だった我が家はなんとか持ちこたえてくれましたが、お向かいの大きな一軒家がぺしゃんと一階分低くなっていて。それを茫然とながめていたこととか。
母と一緒に、かろうじてチョロチョロと出た水でお米を焚き、作れるだけのおにぎりを作って炊き出しに提供したこととか。

音楽を聴きながら、いろいろ思い出していました。
公園はとても寒かったです。
4年前にあの場所にいた方達は、もっともっと凍てついた夜を過ごしていたのだと思うとぞっとしました。

追悼式が終わってから、ふとスケジュールを確認したら奇跡的に近くのフルハウスというお店でちょうどライヴが始まる時刻だったので行ってみることに。

ジャズベーシストの見掛英治さんが出演されるライヴでした。
冷えた身体を焼酎お湯割りであたためながら、ジャズのライヴを楽しみました。
ゆったりした気持ちでほろ酔いになっていたのですが、なんでもその日セッションタイムがあるとのことで、急きょ一曲披露することになり二胡と歌でやらせていただきました。

思ったのは、音楽を楽しめるのも今生かされてるからなんですよね。
何かに感謝していかないとけないなと思います。

「いつも遠くへささげるような気持ちで演奏している。そうすれば、もっと近くにいるお客さんには必ず伝わっていると思う」
フラメンコギター奏者の沖仁さんが、ずっと前にそういった内容のことを仰っていましたが、私は拙いながらもその遠くの何かに感謝するような音楽をしていけたらいいなあと思います。

なんかうまく文章にできないんだけど。
明日どうなるかわからないからね。大事にすごそ。

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword