忍者ブログ

二胡との日常

Home > ブログ > 行ってきました > 地球管弦楽~EARTH,WIND AND WIRE~

地球管弦楽~EARTH,WIND AND WIRE~

100920_flyer1.jpg

今日は、地元いたみホールまで原付でひとっ走り。
楽しみにしていた地球管弦楽のコンサートです。

世界各国の楽器をあやつる総勢25人(私の先生も出演!)の演奏が聴けるのです。
こんな機会またとありません。これは行かないわけにはいきません。

この企画のSTRINGROOVEの発起者、フィドル奏者の大森ヒデノリさんもすごい方。
奏者としてはもちろんのこと、3月の「Stringroove 春」でも、大人数の出演者の方をまとめあげ、楽曲をアレンジして、企画を大成功させた方なんです。
だから今回のコンサートもすごく楽しみにしていました。

結果から言うと、期待以上のコンサートでした!
予定より一時間以上も押してしまい
「それぞれの楽器のよさを知ってもらいたくて、あれもこれもと入れたら長くなっちゃいました」
とはにかんだ笑顔で大森さんが最後に謝られたけど、みんな拍手喝さいでしたよ。

内容は盛りだくさんすぎて書ききれません。
これで前売り3000円は安すぎます。
だって、最後の曲は出演者全員で合わせるために、それぞれの楽器に合わせて、このコンサートのためだけにフルート奏者の多久潤一朗さんが作曲されたんです!
ここでしか、今日しか、たぶん聴けません。
なんて贅沢なんでしょうか!

コンサート後に、「懇親会があります」と突然のお知らせ。
レッスンが近いので練習をしよう、と思っていたので正直迷ったのですが・・・

本当に参加してよかったです。
出された軽食をつまんでいたら、セッションが始まって・・・

RIMG0143.JPG

最後に私の先生とチェロの重松さん、Drakskipの渡辺さんのセッションに私も交ぜていただきました。
「私にもパーカッションやらせてください~!」
って無謀にもお願いしたのです。
渡辺さんにダラブッカ貸してもらっちゃった。。

曲は二胡おなじみの曲、賽馬。
叩いていたら、いつの間にか横にフルートの多久さんが!

めっちゃ贅沢や~!

終わった後は「おおっ」というどよめきとともに大きな拍手をいただき。
「めっちゃ楽しかったね!」
とにっこり先生と笑い合いました。
「練習やめて(懇親会に)残ってよかったな!」
って、先生~~!!(笑)

多久さん、あとで馬のイナナキを「マネできるかな!?」とフルートで表現しようとがんばられてました・・(笑)
多久さんは映画のだめカンタービレにも出演されていたすごい方なんですが、とってもユーモアのある方でした。
フルートで尺八や宇宙人のモノマネしてはった(笑)
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword