忍者ブログ

二胡との日常

Home > ブログ > 行ってきました > まさに、鮮烈の二胡・華麗なるピアノの競演!

まさに、鮮烈の二胡・華麗なるピアノの競演!

少し経ってしまいましたが21日に、私の師匠、鳴尾牧子先生のライヴに行ってきました。
三重県にうつってからは師の演奏を聴く機会がめっきり減ってしまいました。
そろそろ師匠の演奏を聴きたいと思っていた折に、このライヴの告知を見ていてもたってもいられず。
それが下記です。


”癒し?悠久?そんな言葉はどこかに置いてきた。
骸骨たちの狂騒、草原の荒ぶる風、西域の情熱…
二胡とピアノの最凶タッグがエンジン全開で挑む、
遠慮を棄てた本気のプログラムをお聞きください。”
(※鳴尾牧子オフィシャルページより引用)


・・・これは聴きたい。いや、聴きにいかねばならない。
たとえ大阪→名古屋の終電がなくなろうとも――!
そして一路大阪、サロン・ドゥ・アヴェンヌへ。
(大人の雰囲気)



「鮮烈の二胡、華麗なるピアノ~火花散る出会いの刻~」
このタイトルだけでドキドキしてきませんか?
プログラムを見ただけで今回のライヴへの気合いが伝わってきます。
鮮烈、火花という言葉がぴったりの難曲ばかり。

-------------------------
プログラム
ウィリアム・テル序曲
死の舞踏
夜光の杯
二胡随想曲第2号「蒙風」
熊ん蜂の飛行
チャルダッシュ
流転の王妃
情熱大陸
陽光照耀着塔什庫爾
-------------------------

アオザイ姿の先生と、妖艶なチャイナドレス姿のピアニスト尾崎江利子さんにもドキドキ。
(尾崎さんの崎は、本当は大の部分が立という字です)
藍と紅の色が対照的で美しいです。

二日前に駐車場の看板に顔をぶつけたという鳴尾先生。
大丈夫かなぁ・・と思っていたらこの写真の姿で登場。
 
「ウィリアムテル序曲」をお二人ともこの姿で完奏!
(それ以降は外されてました。ちなみにアンコール以外は写真撮らずにいたので、この写真はアンコール時のものです~)


その後も満員の観客の期待を裏切らない演奏につぐ演奏。
あおる尾崎さんのピアノ、それに応える二胡!
難所もわかるところがあるだけに、息をするのも忘れながら聴いていました。
個人的には、サン・サーンスの「死の舞踏」がめっちゃかっこよくて弾いてみたいなあと思いました。ヴァイオリンの和音を再現するために、五度以外の和音を二胡で出す工夫も面白かった!
いわゆる「癒しや悠久」ではなかったかもしれないけど、私にとってはエネルギーの塊をいただいたような気持ちでした。猪木に横っ面をはられた感じ??元気出ました。
これもきっと「癒し」!
いつになるかわからないし、その道ははるか彼方すぎて気が遠くなることばかりだけど、それでも少しずつでもあの境地に近づけたらと思ったのでした。


ちなみに、アンコールはなぜか急に「赤いスイトピー」でした。
最後かわいい~


会場中、大歓声。
なんだか誇らしかったなあ。「どんなもんだいっ」みたいな・・ふふふ。
本当に行ってよかったです。


終電のない私を、同門の友達が泊めてくれました。
本当にありがとう~
I LOVE 大阪~!

(終演後。御堂筋からの川の眺め)
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword