忍者ブログ

二胡との日常

Home > ブログ > 二胡 > Mike Chiangさんがやって来た

Mike Chiangさんがやって来た

二胡奏者でオーケストラのコンダクター、Mike Chiangさんがシンガポールから来日されました。

東京でライヴをされることは事前の告知(↓これですっ)

で知っていたのですが、その前に大阪に来られるとご連絡をくださったので、三重から会いに行ってきました。

いつもレッスンを受けている、私の師匠鳴尾牧子先生のレッスン室に老師をはじめ、何人かの生徒のみんなで集合!
みんなでMikeさんのミニレクチャーを受けたり、鳴尾老師のダラブッカや手鼓にのって二胡を弾いたり、貴重な時間を過ごしました。

私も一曲弾いてみて、と言われて葡萄熟了を弾かせていただきました。
みんなに囲まれて・・なんだか緊張したー!!
でも老師の手鼓とご一緒できて緊張しながらも楽しかった。

みんなの楽器のデンペンにお勧めの保護テープを自ら貼ってくださったり、楽器や演奏の技について詳しく教えてくださったり、とても優しい紳士な方でした。
実年齢も教えてくださったのですが、とてもお若く見えます。そしてファッショナブルでスタイリッシュな方。
Mikeさんが指導されている民族楽器オーケストラや、Mikeさんご自身のライヴの動画もいろいろと見せてくださったのですが、選曲のジャンルも多岐にわたっていて意外性があり、ものすごくおもしろかったです。自分のライヴの選曲にも参考にしたいと思いました。
二胡を自分ができる表現方法の一つとして、興味のある楽曲にこだわりなくチャレンジしてみたいと改めて思ったり。

ちなみにお勧めのテープは中国製の医療用のものだそうです。
貼っていただいたテープは、私が使っていたテープよりも表面がきめ細かくて、そのおかげで貼っても運弓がそこまで重くなることはありませんでした。ちなみに北京のメーカーぽい。
日本のテープは品質がしっかりしていて粘着力が強いので、楽器にはあまり向かないのだとか。
以前上海の合宿に参加した時に、向こうの先生はみんなデンペンの上にテープを貼ってるなあと思ったのでした。デンペンだけだと保護しきれない部分が出てくるし、あっという間にデンペンも擦り切れてしまうんでしょうね。

夕方からは近くのお店でみんなで食事。
Mikeさんはお酒もお好きだそうで、私がビールを頼むとなんだか喜んでくださっていたみたいです。
とてもスリムな方でしたが「僕は食べることが大好きなんだ」と、スマホの写真をたくさん見せてくれました。
「食べ物、食べ物、食べ物、これは楽団の写真・・and, 食べ物、食べ物、食べ物・・ね、食べ物ばっかり!」とニコニコと話してくださいました。
とっても気さく!

Mikeさんは英語と中国語で話されてました。
老師は中国語が堪能で、二胡友さんは英語が堪能、そして私はというと、どちらも片言!
Mikeさんはそれでも全然面倒がらずに一つ一つ丁寧に受け答えしてくださいました。

来年くらいには大阪でもコンサートをしたいと仰っていました。
実現させてほしいです。そして可能なら名古屋でも開いてほしいですね。

冒頭にも書かせていただきましたが、5/5(木)には東京でライヴをされます。
お近くの方はぜひ!

ありがとうございました!

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword