忍者ブログ

二胡との日常

Home > ブログ > 二胡 > 民族楽器サミット@カリー河 今になって後記!

民族楽器サミット@カリー河 今になって後記!

もう3月やん・・という心の声に耳をふさぎ、2/20のカリー河さんでのライヴのご報告をしたいと思います。
だいぶ経ってしまいましたが、当日は雨の中をたくさんの方が足を運んでくださいました。予約もほとんど告知しないうちにどんどんいただいていたそうで、気付けばキャンセル待ちの方も出るほどに。
遠方からかけつけてくださった方もいらして、感激でした。
本当にありがたかったです。
皆様、まことにありがとうございました!

この日の出演者は

三線の弾き語り。山路智文さん。
カリー河のマスターで、シタールの筑田さん。

そして二胡の出會とピアノのみらさんでお送りしました。

カリー河さんへは何度か伺ったことはあったのですが、演奏では初めて。
「民族楽器サミット」というコンセプトなので、それに合うような、お店の雰囲気にも合うような曲がやりたいと思って選曲しました。

蘇州夜曲
牧羊女
燕になりたい(歌ありVer.)
風林火山
戦馬奔騰

こんなラインナップでお届けしました。
牧羊女はアラビアンスケールが特徴の、妖艶な雰囲気の名曲です。カリーにぴったり・・と思ったのですがいかがでしょう。
ライヴで演奏したのは初めてだったんですけど、大好きな曲なので弾いていて楽しかったです。(いやー最後に人前で通して弾いたのは、二胡を習い始めて3年目の発表会であった・・懐かしい)

風林火山はみらさんのリクエスト。2007年の大河ドラマのテーマ曲です。
転調が続いたり音がとりづらかったりと「(やると言ったものの)難しいのぅ・・」なんて一瞬後悔がよぎりましたが、弾きこむとどんどんおもしろくなってきました。弾きづらかった曲がだんだん「いい曲だなあ」って思えてきて。
新しい曲に挑戦できてよかったです。
みらさんとは昨年のカフェ心響さんでのライヴから二度目になりましたが、今回もキレッキレの演奏でサポートしてくれました。
終演後にお客様から「え!2回目?ずっと一緒にやってるんじゃないの??息ぴったりだね」と言っていただけて感激。

思いがけずアンコールまでいただきました!
今回予想外で用意がなかったため、最前列の方がリクエストしてくださった牧羊女をもう一度弾かせていただきました。
みらさんには、7月に予定しております名古屋での翠ライヴにも参加していただく予定です!
お楽しみに!
・・って、ライヴで告知するの忘れてた。
それぞれの楽器の特性やお国柄が出た、面白いライヴだったと思います。
今回も(というか毎回)反省点ばかりで「まだまだ・・」という気持ちが強いですが、やりきった感がありました。
たくさんの方に聴いていただけてよかった。
終演後三線の山路さんと、遊びでちょいとセッション。
またぜひ一緒にやりましょうと誓い合ったので、そう遠くない日にまたやりたいですね。三線と二胡って合うよね。
筑田さんは今インドへ行かれているそうです。
しばらくあの魅惑的なカリーは食べられませんが、お土産話を楽しみにしながらご帰国を待とうと思います。


余談ですが、この日着た衣装はいつ買ったか記憶にないネパール製の上着だったのですが
帰宅後着替えると下のインナーシャツに赤い染料が「うわ~!」っとうつっていました。
ネパールって感じ??
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword